イベント


2011年9月13日(火)14:00~17:00 EUIJ関西 第13回国際シンポジウム 「EU 国際取引法と日本企業の今後」

当シンポジウムは、グローバルな国際間(特にEU諸国と日本における)取引活動に伴う国際公共政策や法律実務、経済政策実務等の多方面からのアプローチによる講演とパネルディスカッションやフロアディスカッションを通じ、日本の企業活動とEUとの関係について今後の展望を得ることを目的としています。

 

第1セッション:「日 EU 間 FTA 締結に向けた課題と展望‐政策の現場から」

相 航一 氏 (外務省経済局国際経済課 国際経済課長)
ニコラオス・ザイミス(駐日欧州連合代表部 通商部長)  
 

第2セッション:「EU 通商法と日本企業のこれまでの取り組みと将来」

ベンヤミン・ニックスドルフ(アーンスト&ヤング フランクフルト事務所 弁護士)
安田 寛哉 氏(有限責任監査法人トーマツ シニアマネージャー)
 

パネルディスカッション

フロアディスカッション


場 所:大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール
主 催:EU インスティテュート関西
共 催:大阪大学
後 援:駐日欧州連合代表部
参加費:無料 (定員100名)
言語:日本語及び英語(同時通訳付き)
申し込み・お問合せ先:EUIJ関西事務局→詳細はこちら

(8/24更新)

 


ページの先頭へ