イベント


2011年11月17日(木)16:20~17:50 第11回大阪大学経済学研究会(待兼山セミナー)

"China’s Capital Controls and Interest Rate Parity: Experience during 1999 - 2010 and Future Agenda for Reforms"
大谷 一朗 氏(元IMF中国事務所所長)

場所:法・経大学院総合研究棟 7階大会議室
共催:グローバルCOE行動経済学研究会・IPP研究会
お問い合わせ:大阪大学経済学研究会事務局(合同研究室)→詳細はこちら

(11/10更新)


ページの先頭へ