教員紹介

教員プロフィール

利 博友(リー ヒロ)
LEE Hiro

教授

Professor

研究テーマ

国際貿易論、開発経済学、東アジア経済論

研究紹介とメッセージ

アジア太平洋地域における地域統合と産業調整

 アジア太平洋地域で締結されている自由貿易協定(FTA)は、近年急速にその数を伸ばしています。FTAの便益・費用を分析した実証研究によれば、ほとんどのFTAで、自由貿易地域設立による貿易創出効果は、それによる貿易転換効果を上回り、メンバー国の経済厚生が上昇すると推計されています。関税撤廃・貿易円滑化などにより、輸入価格が低下するので、消費者は恩恵を受け、比較優位を持つ産業の生産量は増加します。一方、国際競争力の弱い産業では、生産量が減少することが予想されます。

 日本が、環太平洋経済連携協定(TPP)に参加すべきかについては、意見が分かれていますが、政府が農業改革を遂行できるのかが鍵であると思われます。減反廃止、農業参入障壁の緩和、農業の大規模化、生産効率の上昇などにより、長期的に農業の国際競争力を強化する政策が必要です。

 また、アジア諸国にとって、どのようなFTAのシークエンシングが望ましいのかという研究も進めています。FTAに限らず、開発途上国も恩恵を受けることができる貿易政策を、みなさんと一緒に議論できれば幸いです。

利博友のWebサイト Personal Website

 

研究業績
Researcher Database

lee4.jpg

ページの先頭へ