教員紹介

教員プロフィール

村上 正直(むらかみ まさなお)
MURAKAMI Masanao

教授

Professor

研究テーマ

国際法、国際人権法

研究紹介とメッセージ

人権の国際的保障

 人権は、国内の憲法や基本的な法律によって保障されるのが原則で、日本でも日本国憲法第3章が国内で保障されるべき人権を列挙しています。しかし、人権保障を一国の手にだけに委ねておくことは、十分ではないし、危険でもあるというのが、第2次世界大戦を通じて得た教訓でした。そのため、第2次大戦後の国際社会では、人権を保障するための多種多様な活動が展開されてきました。

 その活動の一つに、人権を保護するための条約(人権条約)を作成し、国家にそれに加わるよう求めること、そして、条約に加わった国(締約国や当事国といいます。)がその条約を守っているかどうかを監視することがあります。条約による人権保障です。私が専門的に勉強しているのは、主に人権条約の国内的実施というもので、人権条約が国内でどのように実施されているのか、また、されていないのかといった問題です。もちろん、日本における人権条約の実施の問題も主要な関心事項です。

 人権の観点からみた場合、まったく問題のない国家はありません。人権条約は、一国の人権保障を補完する役割を果たしていますし、果たすことができます。人権条約から日本をみるのも、結構、おもしろいですよ。

村上正直のWebサイト Personal Website

http://www2.osipp.osaka-u.ac.jp/~murakami/

研究業績
Researcher Database

 

ページの先頭へ