教員紹介

教員プロフィール

西連寺 隆行 (さいれんじ たかゆき)
SAIRENJI Takayuki

准教授

Associate Professor

研究テーマ

EU法と国内法の関係、EU法の実効性、EU裁判制度

研究紹介とメッセージ

  私の主な研究分野はEU法であり、とくにEU法と国内法の関係や、構成国におけるEU法の実効性確保の問題に関心をもって研究を進めています。
  EUの法制度においては、EU立法の実施は構成国が原則として行いますが、構成国は常に正しくEU法を実施しているわけではなく、EU法に反する国内法の改正を怠るといったことがあります。そこでEUでは、EUの裁判所である欧州司法裁判所が、各国におけるEU法の実効性および統一的な適用を確保するための基本原則を発展させてきました。これまでの研究では、欧州司法裁判所の判例に焦点をあてて、こうした原則の分析を行っています。
  また現在は、構成国におけるEU法の受容に関する研究を進めています。構成国の国内裁判所は、基本的にはEU法を受け入れていますが、それを無条件に認めるとなると、自国の憲法原則や基本的価値が損なわれることになりかねないため、EU法の受容には一定の留保を付しています。そこで、この点に関連する国内判例の検討もあわせて行っています。
  ヨーロッパ統合において法はいかなる役割を果たしているか、また、統合過程においていかなる法的問題が生じているか、ともに考えていきたいと思っています。

西連寺隆行のWebサイト Personal Website

研究業績
Researcher Database

ページの先頭へ